MTGの最新記事はこちら

『Jumpstart: Historic Horizons』に収録されるカードおよび新メカニズムが3つ公開。ランダムに選択肢を提示する新PW、ダブリエルなど
日本選手権2021 シーズン2(スタンダード):優勝はグルールアドベンチャー、トップ8にはナヤウィノータが4人、ジェスカイ変容など
MOチャレンジ(レガシー):チャレンジはイゼットデルバーが、ショーケースチャレンジはモンキーサーガが優勝、トップ8にはエルフやTESなど
漫画「すべての人類を破壊する。それらは再生できない。」の単行本8巻の付録として《骨砕き》が封入
禁止制限告知:ヒストリックにて《渦まく知識》が使用停止
MOチャレンジ(モダン):優勝はティムールカスケードとジェスカイコントロール、トップ8にはアスモフードやイゼットモンキーなど
MOチャレンジ(スタンダード):優勝はスゥルタイ根本原理と緑単アグロ、トップ8には同デッキが数多く入賞、その他白単など
マジックのトーナメントルールが一部変更や追加に。ダンジョンカードに関する内容や、対戦中の電子機器の一部使用許可など
MOチャレンジ(パイオニア):優勝は5色エニグマとエンジェルカンパニー、トップ8にはイゼットフェニックスや隆盛コンボなど
《イーオスのレインジャー》など23枚のクリーチャー・タイプにレインジャーが、《放浪の吟遊詩人、イーサーン》など3枚にバードが追加
MOチャレンジ(レガシー):優勝はバントコントロールとイゼットデルバー、トップ8にはウルザラガバンやイゼットペインターなど
MTGアリーナ内のフォーマット『スタンダード2022』にて《高貴なる行いの書》が禁止に。《不詳の安息地》とのコンボを危険視
『フォーゴトン・レルム探訪』統率者デッキの《ホーリィ・アヴェンジャー》の誤字が修正、《古き者のまとい身》がオラクル変更に伴う訂正
MOチャレンジ(モダン):優勝はティムールカスケードとハンマータイム、トップ8には多数のハンマータイムやラガバンデッキが入賞
MOチャレンジ(スタンダード):優勝はラクドスサクリファイスとスゥルタイ根本原理、新カードを採用した緑単や黒単が登場
統率者戦において《船殻破り》が禁止カードに
『フォーゴトン・レルム探訪』統率者デッキに収録される全カードおよび、『フォーゴトン・レルム探訪』の全トークンが公開
『フォーゴトン・レルム探訪』の特別キャンペーンが実施。特製カードバインダーやおにぎり版の《オーブ・オヴ・ドラゴンカインド》が公開
『フォーゴトン・レルム探訪』統率者デッキ「DRACONIC RAGE」および収録カードが公開。多数のドラゴンなどが収録
『フォーゴトン・レルム探訪』統率者デッキ「DUNGEONS OF DEATH」および収録カードが公開。ダンジョン探索などのカードが収録